ケアの方法は必ず1つとは限りません。一人一人自分に合った正しいケアを行いましょう。