ケアの方法は必ず1つとは限りません。一人一人自分に合った正しいケアを行いましょう。

メカニズムを知る

毛髪は、目に見えている「毛幹」と呼ばれる部分と、
頭皮に隠れていて見えない「毛根」の二つで構成されています。
毛根部分の根元にある、「毛母細胞」に成長するための栄養や酸素、
ホルモンなどが運ばれることで、毛母細胞の細胞分裂が活発化し、
次に生える毛髪の準備が整ってゆくのです。
頭皮から顔を出した毛根は、ヘアサイクルと呼ばれる周期で成長し、
一定期間成長し続けたあと、それが緩やかなものに変わり、
完全に休止したところで抜け落ちてゆきます。

このヘアサイクルが乱れると、薄毛や抜け毛になってしまうのです。
サイクルが乱れる原因は、主に四つに分けることが出来ます。
それは、「遺伝」「血行不良」「ストレス」「皮脂の分泌過剰」です。
「遺伝」と言っても、父親が薄毛だったから息子も薄毛になる、
という意味での遺伝ではなく、男性ホルモンが多いことや皮脂の分泌が人より多いなど、
『薄毛になりやすい』という体質を受け継いでいるという意味なのです。
血行不良は、毛根や毛髪に栄養が届かなくなるため、健康な髪を維持できなくなりますし、
ストレスは、ホルモンバランスを崩すだけでなく、
自律神経の働きを低下させるため、薄毛や抜け毛を促進させてしまいます。
皮脂の過剰分泌は、毛穴を詰まらせたり雑菌を繁殖させるため、
血行不良を起こしてしまうからです。

薄毛対策を有効にするためには、
上記のどのケースに自分が当てはまっているのかを正しく知ることと、
その原因に合った対策を取ることが大切です。